芸能ニュース

水木一郎は2代目うたのおにいさんだった!当時の画像や動画まとめ!

『アニソン界の帝王』と言われた水木一郎さん。

『マジンガーZ』など、数多くのアニソンで世界中から評価され、親しまれてきました。

そんな水木一郎さんは、若い頃に2代目おたのおにいさんも務めていました。

そこで今回は、水木一郎さんの”うたのおにいさん時代”についてまとめていきたいと思います。

・水木一郎のプロフィール
・水木一郎のうたのおにいさん時代の画像や動画

水木一郎は2代目うたのおにいさんだった!当時の画像や動画まとめ!

まずは、水木一郎さんのプロフィールから見ていきましょう。

水木一郎のプロフィール

・名前 水木 一郎(本名:早川 俊夫)
・生年月日 1948年1月7日(74歳没)
・出身地 東京都世田谷区
・身長 170cm
・血液型 O型
・学歴 世田谷学園高等学校卒業
・職業 歌手、声優、俳優など

水木一郎さんは、実家がレコード店を経営していたため、小さい頃からジャズなどを聴いて育ちました。

幼少期から音楽環境には恵まれていましたが、『どうせ日本人なんだから落語でもやるか』と落語家を目指し、学生時代には『落語会』を開いていたそうです。

1964年16歳の頃には、ジャズ喫茶に入り浸り、ジャズ喫茶『ラ・セーヌ』で開催されたコンクールで『僕のマシュマロちゃん』を歌い優勝。

これが、本格デビューのきっかけとなります。

1968年20歳の頃に、歌謡曲の歌手としてデビュー。

デビュー当時は、意外にもレコードの売り上げが芳しくなく、一時期は芸能界から離れることもあったようです。

そして、その3年後にテレビアニメ『原始少年リュウ』で初めてアニメの主題歌を担当しました。

それから、あの有名な『マジンガーZ』の主題歌で70万枚の大ヒットを生んだ他、数多くの人気アニメの主題歌や特撮ソングを歌い、親しまれてきました。

アニソン歌手に転向してからの最初の4年間で、なんと約150曲の子供向け番組のテーマ曲を発表しています。

水木一郎さんが歌った主なアニメソングは、次のとおりです。

・『ぼくらのバロム1』(1972年『超人バロム・1』)
・『マジンガーZ』(1972年『マジンガーZ』)
・『バビル2世』(1973年『バビル2世』)
・『侍ジャイアンツ』(1973年『侍ジャイアンツ』)
・『おれはグレートマジンガー』(1974年『グレートマジンガー』)
・『セタップ!仮面ライダーX』(1974年『仮面ライダーX』)
・『がんばれロボコン』(1974年『がんばれ!ロボコン』)
・『仮面ライダーストロンガーのうた』(1975年『仮面ライダーストロンガー』)
・『テッカマンのうた』(1975年『宇宙の騎士テッカマン』)
・『鉄鋼ジークのうた』(1975年『鉄鋼ジーク』)
・『コン・バトラーVのテーマ』(1976年『超電磁ロボコン・バトラーV』)
・『キャプテンハーロック』(1978年『宇宙海賊キャプテンハーロック』)
・『ルパン三世 愛のテーマ』(1978年『ルパン三世』)
・『愛を勝ち取ろう』(1985年『プロゴルファー猿』)
・『ゼブラーマンの歌』(2004年映画『ゼブラーマン』)
・『道』(2007年『獣挙戦隊ゲキレンジャー』)

近年では、2021年4月末に肺がんが発覚し、以降治療とリハビリをおこないながら精力的に音楽活動を続けてきましたが、2022年12月6日に74歳でお亡くなりになりました。

ご冥福をお祈りいたします。




水木一郎のうたのおにいさん時代

水木一郎さんは、1976年4月から1979年3月までの3年間、第2代うたのおにいさんを務めていました。

水木一郎さんが28歳~31歳くらいの時ですね。

水木一郎さんのうたのおにいさん時代の画像や動画を集めました。

まず、画像から見ていきましょう。

水木一郎さんのうたのお兄さん時代【画像9枚】

【画像①】

【画像②】

【画像③】

【画像④】

【画像⑤】

【画像⑥】

【画像⑦】

【画像⑧】

この頃、すでにアニソン歌手として絶大な人気を集めていたため、うたのおにいさんとしても子供たちにとても愛されていたようですよ。

【画像⑨】

これは、1979年のファミリーミュージカル『魔法のステッキ』のポスターです。

時代を感じますね。

続いて、動画を見ていきましょう。

水木一郎さんのうたのお兄さん時代【3動画】

【動画①:おかあさんといっしょの映像】

【動画②:ちょんまげマーチ/歌】

【動画③:ちょんまげマーチぼくは忍者/歌】

団塊ジュニア世代は、小さい頃から水木一郎さんの歌を聴いて育ちました。

当時こどもだった人たちが、懐かしんで話題となっています。

今後も、水木一郎さんの素敵な歌声が、後世に残ることを願います。




まとめ

今回は、水木一郎さんが2代目うたのおにいさんを務めていた頃を調査しました。

今後も水木一郎さんの素敵な歌声が、後世に残ることを願います。

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。